シネマトゥデイ

オーロラの彼方へ (2000)

12月9日公開 117分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オーロラの彼方へ

見どころ

オーロラが夜空に広がるNYで、30年前の生きていた頃の父親と無線で交信しながら、恐るべき殺人事件の真相を突き止めていく刑事の姿を描く。『エニイ・ギブン・サンデー』で共演しているデニス・クエイドとジム・カヴィーセルが、全くタイプは違うが固い絆で結ばれた親子を好演している。基本的にサスペンスの要素が強いが、テーマは家族愛。あっと驚くラストは感動的だ。監督は『真実の行方』のグレゴリー・ホブリット。

あらすじ

勇敢な消防士だった父フランクを幼い頃に亡くしたジョン。それから30年後、刑事となった彼は、ある日友人の子供が見つけた父が愛用していた無線機を設置する。NYの上空にオーロラが現れる中、ジョンは無線の向こうからフランクが呼びかける声を聞く。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
FREQUENCY
製作国
アメリカ
配給
  • ギャガ・ヒューマックス共同配給
スコープサイズ
(日比谷映画他全国東宝系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]