13デイズ

12月16日公開 145分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
13デイズ
(C)BEACON COMMUNICATIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

見どころ

全世界が核戦争寸前にまで追い詰められた1962年の「キューバ危機」に立ち向かう男達の決断と苦悩は何だったのか。ケネディ自ら録音したと言われる緊迫した13日間の会議“ケネディ・テープ”など膨大な資料を元に練りあげられた脚本を丁寧に描き出したスケール感のあるドラマだ。総製作費8000万ドル。ビン・コスナーが製作・主演にあたった。監督は「追いつめられて」のロジャー・ドナルドソンが監督。20世紀の最後に、この作品が私達に残すメッセージの意味は深い。

あらすじ

1962年10月16日偵察機がキューバ上空から撮影した写 真に弾道ミサイルが写し出されていた。 “ソ連がキューバに核兵器を持ち込んだ”との情報にケネディ大統領は国家安全保障会議緊急執行委員会を招集。ミサイルをとり除く手段は空爆か、侵攻か?…決断の時は迫っていた。

[PR]

映画詳細データ

英題
THIRTEEN DAYS
製作国
アメリカ
配給
  • 日本ヘラルド映画
ビスタサイズ/ドルビーSRD,SDDS
(丸の内ピカデリー1ほか全国松竹東急系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]