シネマトゥデイ

風と共に去りぬ (1939)

8月4日公開 234分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
風と共に去りぬ
(C)1939 METRO GOLDWYN MAYER ALL RIGHT RESERVED.

見どころ

20世紀を代表する不朽の名作がリニューアルカラーとデジタルサウンドを実現し、より美しく生まれかわった。約12分にわたるネガの再生でオリジナル・フィルムが完全復活。1939年、戦争中にもかかわらずアトランタでワールドプレミアが行われ、アカデミー賞を数多く受賞した、今もなお傑作として語り継がれる伝説の作品だ。スカーレットを演じたビビアン・リーは本作で一躍トップスターの座を獲得した。

あらすじ

大農園主の長女として裕福な暮らしの中で育ったスカーレット(ビビアン・リー)は16歳のとき、恋心を抱いていたアシュレ(レスリー・ハワード)といとこメラニー(オリビア・デ・ハビランド)の婚約直後に、メラニーの兄と結婚。南北戦争を背景に波瀾の人生が始まる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
GONE WITH THE WIND
製作国
アメリカ
配給
  • 日本ヘラルド映画
カラー/スタンダード
(シネリーブル池袋)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]