シネマトゥデイ

クリムゾン・リバー

1月27日公開 106分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリムゾン・リバー

見どころ

俗世から隔絶された大学の街。その街でまるで信仰にかしずくかのようにひたむきに勉学と体力増進に励む学生と職員たち。その姿が不気味だ。監督のマチュー・カソヴィッツは『憎しみ』『アサシンズ』などで知られる若手監督。「社会派」と目される彼だが、この作品では派手なアクションとショッキングな映像を組み合わせて新境地を開いた。とはいえ現代社会にはびこる悪にもきっちりと光を当てている。その悪の持つ闇の深さに戦慄させられてしまう。

あらすじ

山奥の渓谷で発見された死体は長時間拷問された末に殺害されていた。事件を担当するのはパリから派遣されたタフなニーマンス刑事(レノ)。若い刑事のマックス(カッセル)の協力を得て犯人を追うが、犠牲者は増え続けて行く。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
LES RIVIERES POURPRES
製作国
フランス
日本語字幕
松浦美奈
配給
  • ギャガ・ヒューマックス
シネマスコープサイズ/ドルビーデジタル・DTS
(日比谷スカラ座他全国東宝洋画系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]