点子ちゃんとアントン (1999)

6月30日公開 108分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
点子ちゃんとアントン

見どころ

「ふたりのロッテ」などで世界中で親しまれている、ドイツの児童文学者エーリヒ・ケストナーの同名小説を映画化。裕福な家庭の娘と母子家庭の息子の友情を通し、家族の絆を描き出す。監督は、デビュー作『ビヨンド・サイレンス』が絶賛されたカロリーヌ・リンク。原作の持ち味を生かしつつ、歌あり踊りありのミュージカルシーンを織り交ぜ、誰もが楽しめるハートフルな人間ドラマに仕上げている。主演のエレア・ガイスラーとマックス・フェルダーの溌剌とした演技も魅力的。

あらすじ

小学生の点子ちゃん(エレア・ガイスラー)とアントン(マックス・フェルダー)は親友同士。だが、アントンは病気になった母親の代わりに内緒で働いているので、あまり一緒に遊べない。点子ちゃんは、アントンを助けてあげたいと両親に相談するが……。

[PR]

映画詳細データ

英題
PUNKTCHEN UND ANTON
製作国
ドイツ
配給
  • メディア・スーツ
アメリカン・ビスタ/ドルビーデジタル
(恵比寿ガーデンシネマ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]