あの頃ペニー・レインと (2000)

3月17日公開 123分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

15歳でストーン誌の史上最年少記者としてキャリアをスタートしたキャメロン・クロウ監督の自伝的作品。『ザ・エージェント』で知られるクロウ監督。『セイ・エニシング』、『シングルス』など、音楽を題材にした映画も多い。本作もザ・フーなど'70年代のロックが満載。また、ペニー・レインを演じるゴールディ・ホーンの愛娘、ケイト・ハドソンのセクシーで瑞々しい魅力が見もの。本作でゴールデン・グローブ賞の助演賞を受賞。実在のカリスマ・ジャーナリストを演じるフィリップ・シーモア・ホフマンが圧倒的な存在感。

あらすじ

高校生ライターのウィリアム(パトリック・ヒュジット)はロック雑誌「クリーム」の取材先で、ブレイク寸前のバンド、スティルウォーターのメンバー、魅力的なグルーピーのペニー・レイン(ケイト・ハドソン)と出会う。それを機に「ローリング・ストーン」の取材で彼らの全米ツアーに同行する。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
ALMOST FAMOUS
製作国
アメリカ
配給
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(全国東宝洋画系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]