シネマトゥデイ

GO (2001)

10月20日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
GO
(C)「GO」製作委員会

見どころ

原作は在日韓国人である実体験に基づいて描かれた、第123回直木賞受賞作の青春小説「GO」。恋と友情に悩み、国籍や民族を越えて自分にとっての真実に目覚めていくコリアン・ジャパニーズを演じるのはいまや人気、実力ともに日本の若手俳優のトップクラスでもある窪塚洋介。ヒロインには『バトル・ロワイアル』で注目を集めた正統派美少女、柴咲コウ。大竹しのぶや山崎努などのベテラン個性派俳優も脇を固め物語に厚みを加える。日本と韓国のいまだ解決されない問題を深く考えさせながらも、新しい時代に生きていく若者たちは、力強いメッセージを伝えてくる。日韓合作、同時期公開。

あらすじ

杉原(窪塚洋介)は日本で生まれ育ったが、国籍は韓国だ。父親で元ボクサーの秀吉(山崎努)に触発され、中学まで民族学校にかよっていたが、高校からは日本人の学校へ通い始める。悪友達とケンカに明け暮れる日々が続くが、ある日、パーティで出会った桜井(柴咲コウ)と恋に落ちる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本/韓国
配給
  • 東映
カラー
(全国東映系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]