STEREO FUTURE (2000)

6月2日公開 111分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
STEREO FUTURE

見どころ

数々のミュージック・クリップを手がけ、映画監督デビュー作「SFサムライ・フィクション」で一世を風靡した中野裕之監督第2作。日頃から監督が温めていた4つの“SF”のキーワードを巧みに織り交ぜながら、手に届きそうな近未来=2002年が舞台の群像劇。恋愛という普遍的なテーマを軸に環境問題などを絡め、斬新かつシャープな映像で描く。また、気鋭のアーティストが参加した中野監督作品の重要な要素である、ポップな音楽は必聴だ。

あらすじ

時は2002年。売れない役者圭介(永瀬正敏)は、オーディションで売れっ子女優の相手役に大抜擢される。一方、圭介の元恋人エリ(桃生亜希子)は、別れのショックから失語症に。そんな時、植物専門医の男と出会い、エリの傷ついた心が癒されていく。

[PR]

映画詳細データ

英題
STEREO FUTURE
製作国
日本
配給
  • 東北新社
カラー/ヴィスタサイズ/ドルビーSR
(テアトル新宿)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]