シネマトゥデイ

郵便屋 (1995)

6月2日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
郵便屋

見どころ

官能巨編『カリギュラ』など、数多くのエロティックな問題作を放ち続けるイタリアの鬼才ティント・ブラス監督。監督の自宅には、ファンの女性たちから彼女たちの性生活を赤裸々に綴った手紙、セックスビデオなどが送られてくるという。そうしたさまざまな性のエピソードを大胆に映画化した衝撃の実話だ。脚本は、官能ドラマ『肉屋』のアウレリオ・グリマルディ監督が手がける。大勢のイタリア美女の艶かしい肢体が映し出されるが、スタイリッシュな映像で陽気に描かれているのが印象的。

あらすじ

夫以外の男性と秘密の情事にふける妻、テレフォンセックスに快楽を見出し夢中になる妻、乱交パーティーに潜入する裕福な夫婦……。男女のさまざまな性の形が、オムニバス形式で綴られていく。

[PR]

映画詳細データ

英題
P.O.BOX
製作国
イタリア
配給
  • アルバトロス・フィルム
カラー/ビスタサイズ/モノラル
(銀座シネパトス)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]