ロマンスX (1998)

6月30日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロマンスX

見どころ

男と女の満たされない心と身体を、タブーを恐れずに描き出した愛の問題作。監督は『堕ちてゆく女』など、デビュー以来常にタブーを打ち破る大胆な性描写で、フランス映画界でも異色のカトリーヌ・ブレイヤ。本作でも実際の出産シーンをそのまま作品に大胆にとりいれるなど、世間の物議をかもしだしている。セックス・レスの恋人関係に不満を持つマリー役に、本作が初の主演になるキャロリーヌ・デュセイ。まさに体当たりでの演技に注目!

あらすじ

小学校の教師でもあるマリー(キャロリーヌ・デュセイ)の恋人ポール(サガモア・ステヴナン)は、自分とのセックスに興味をなくし指一本触れてこない。満たされないマリーはバーで出会ったパオロ(ロッコ・シフレディ)と関係を持つ。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
ROMANCE X
製作国
フランス
配給
  • プレノンアッシュ
カラー
(渋谷シネ・アミューズ、シネ・リーブル池袋)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]