シネマトゥデイ

キシュ島の物語 (1999)

8月4日公開 72分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キシュ島の物語

見どころ

イランのキシュ島を舞台に、3人の監督がユニークな物語を競作したオムニバス。第1話「ギリシャ船」を監督したナセール・タグヴァイは、イランではアッバス・キアロスタミ監督と並び称される巨匠。海岸に流れ着いたダンボールを集めて家を飾りつけた男と、そのせいで病気になってしまう妻の姿をユーモラスに描き出す。第2話「指輪」、第3話「ドア」も、それぞれ監督の個性があふれたような好短編。世界中で注目されるイラン映画の醍醐味が堪能できる。

あらすじ

キシュ島の海辺に色鮮やかな外国製のダンボールが山のように流れ着く。それを見つけたシャンベは綺麗なダンボールを集めて家を飾りつけはじめる。だが、次第に妻の様子がおかしくなり、心配したシャンベはまじない師のもとへ……。

[PR]

映画詳細データ

英題
LES CONTES DE KISH
製作国
イラン
配給
  • ビターズ・エンド
カラー
(シネ・アミューズ)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]