シネマトゥデイ

クイーン・コング (1976)

9月22日公開 85分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クイーン・コング

見どころ

怪獣映画の古典『キング・コング』をリメイクした大物プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスを激怒させ、製作後25年間も所在が不明だったという幻の怪作。オリジナル版『キング・コング』のプロットをなぞり、『エクソシスト』や『ジョーズ』のパロディ、ウーマンリブなど70年代当時の世相を随所に盛り込んでいる。涙あり、SFXあり、お色気ありの突きぬけたふざけっぷりが楽しい。また、名声優、広川太一郎&小原乃梨子による超訳吹替えの妙味も注目だ。 

あらすじ

新人レイ・フェイ(ロビン・アスクイズ)を売り出す新作映画の撮影隊は、アフリカ奥地の密林へ向かう。そこでレイは、巨大なメスゴリラ"クイーン・コング"を神と崇めるアマゾネスに拉致される。しかし、コングは生け贄の彼に一目惚れしてしまう。

[PR]

映画詳細データ

英題
QUEEN KONG
製作国
イタリア/イギリス
配給
  • アルバトロス・フィルム
カラー/ビスタサイズ
(シネクイント )
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]