シネマトゥデイ

プラトニック・セックス (2001)

10月20日公開 104分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
プラトニック・セックス
(C)2001 プラトニック・セックス製作委員会(フジテレビ・ワタナベエンターテインメント・小学館)

見どころ

人気タレント飯島愛が、衝撃的な半生を包み隠さずに綴りベストセラーとなった同名自叙伝を映画化。レイプ、家出、援助交際、アダルトビデオへの出演と、壮絶な運命に翻弄される少女の生き様を通じて真実の愛を描くラブストーリー。 主人公の愛に扮するのは、12,083通の応募の中から選ばれた新人の加賀美早紀。監督は吉川ひなの主演の『デボラがライバル』で多感な少女を描いて注目された松浦雅子。多くの女性に支持された過激で切ない愛の物語がついに始まる。

あらすじ

17歳の誕生日に友人たちにレイプされた女子高生のあおい(加賀美早紀)は、ショックのあまり学校の屋上から飛び降り自殺をしようとしていた。だが、まさに飛び降りようとしたそのとき、一通の間違いメールが携帯電話に入り……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 東宝
日本/104分/カラー
(全国東宝洋画系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]