シネマトゥデイ

かあちゃん (2001)

11月10日公開 96分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
かあちゃん
(C)映像京都・日活・イマジカ・シナノ企画

見どころ

名匠・市川崑が亡き妻・和田夏十の脚本を43年越しで映画化した人情味あふれる時代劇。江戸の貧乏長屋で母親を中心に暮らす一家の倹しくも暖かい日々を哀歓を込めて描く。原作は山本周五郎が1955年に発表した同名小説。この作品に惚れ込んだ市川崑監督と和田夏十は当時から長編映画としての構想を温めていたという。主人公の「かあちゃん」こと“おかつ”役には数々の市川作品で主演女優をつとめてきた岸惠子。愛妻が亡くなって18年、黄金コンビの傑作がまたひとつ生まれた!

あらすじ

貧乏長屋で5人の子供を育てるおかつ(岸惠子)の家には金が貯まっている、という噂が流れる。これを聞きつけた若者・勇吉(原田龍二)が泥棒に入った。だが、勇吉を見つけたおかつは思いもかけない話をはじめて…。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 東宝
カラー(シルバーカラー)/DTSステレオ/ビスタサイズ
(みゆき座ほか全国と東宝系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]