うつくしい人生 (1999)

2月23日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
うつくしい人生

見どころ

父の死と一家離散を機に、自分の人生を模索する青年の姿を描く感動作。劇的な展開ではないが、自分らしい人生とは何かという普遍的なテーマを、『夜のめぐり逢い』のフランソワ・デュペイロン監督が繊細に描写。『永遠と一日』のイザベル・ルノー扮する元オペラ歌手と愛を育み、自分の人生を着実に掴んでいく主人公を演じたエリック・カラヴァカは、セザール賞最優秀新人男優賞に輝いた。日本人カメラマン、テツオ・ナガタによる黄みがかった映像が美しい。

あらすじ

南フランスの田舎町。酪農家の息子ニコラ(エリック・カラヴァカ)は家業を継ぐことに乗り気でなく、都会の生活に憧れていた。そんな矢先、狂牛病の影響で一家は破産に追い込まれ、絶望した父が自殺。多額の借金を抱えた家族は離れ離れになる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
C'EST QUOI LA VIE?
製作国
フランス
配給
  • プレノンアッシュ
カラー/シネマスコープ/ドルビーSR
(新宿武蔵野館(旧シネマカリテ) )
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]