ヒューマンネイチュア (2001)

3月9日公開 96分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒューマンネイチュア

見どころ

ビョーク、ケミカルブラザーズなどのミュージッククリップを手掛けてきた、ミシェル・ゴンドリーの監督デビュー作。世にも毛深い女とマナーに厳しい博士、猿として育てられた男が繰り広げる奇想天外な物語。『マルコヴィッチの穴』のチャーリー・カウフマンによる脚本が、前作以上にシニカルなアイロニーとブラック・ユーモアに満ちた独特の世界を生み出している。ゴンドリーらしいスタイリッシュな映像と、さり気ない音楽の使い方も秀逸だ。

あらすじ

全身が濃い体毛に覆われてしまうという、原因不明の病を持つライラ(パトリシア・アークェット)。人間とは隔絶された森の中で暮らしていたが、男が欲しいという抑え難い欲望により、ある男性(ティム・ロビンス)と付き合うことに。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
HUMAN NATUR
製作国
アメリカ・フランス
配給
  • アスミック・エース
カラー/ビスタサイズ/SR,SRD
(恵比須ガーデンシネマ、銀座テアトルシネマ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]