少年と砂漠のカフェ (2001)

3月30日公開 96分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
少年と砂漠のカフェ
座シネ・ラ・セット

見どころ

2001年“ナント三大陸映画祭グランプリ”のほか数々の映画賞に輝いた話題作。イランとアフガニスタンの国境近くにあるカフェを舞台に、アフガン難民の少年とカフェを訪れる人々との心の交流を綴る。監督は、ドキュ・ドラマと呼ばれる独特の作風で名高いイランの名匠アボルファズル・ジャリリ。少年の日常を淡々と描写しつつ、アフガニスタンの悲劇的な状況を浮き彫りにしている。子供らしい喜怒哀楽を表情に出すことなく、懸命に生きようとする少年の姿が健気だ。

あらすじ

14歳の少年キャイン(キャイン・アリザデ)は戦火のアフガニスタンを後に、国境を越えてイランの田舎町デルバランへ逃れてきた。カフェを営む老夫婦の下に身を寄せた彼は懸命に働き、老夫婦やカフェに出入りする人々との交流に安らぎを見出す。

[PR]

映画詳細データ

英題
DELBARAN
製作国
イラン・日本
配給
  • ビターズ・エンド
35mm/カラー
(銀座シネ・ラ・セット)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]