シネマトゥデイ

コラテラル・ダメージ (2001)

4月20日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コラテラル・ダメージ
(C)2001 Warner Bros. All Rights Reserved

見どころ

テロリストによる爆破事件で妻子を失った消防士が、単身敵地に乗り込んでテロ集団に闘いを挑むバイオレンス・アクション。監督は『逃亡者』のアンドリュー・デイビス。主人公の消防士を演じるのは、『シックス・デイ』のアーノルド・シュワルツェネッガー。現代社会において最も卑劣で無残な犯罪といえるテロに対して、政府からも見放された一人の男が怒りに燃えて立ち向かう。これが30本目の主演作になるというシュワルツェネッガーが今回も大活躍!!

あらすじ

ベテラン消防士のゴードン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、コロンビアのテロ組織「ウルフ」による爆破事件で妻子をなくす。偶然、現場に居合わせた彼は犯人を目撃するが、外交を優先した政府は犯人を追わなかった……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
COLLATERAL DAMAGE
製作国
アメリカ
配給
  • ワーナー・ブラザース映画
カラー
(丸の内ルーブルほか全国松竹・東急系にてロードショー)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]