シネマトゥデイ

暗い日曜日 (1999)

5月25日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
暗い日曜日

見どころ

「自殺の聖歌」として有名なシャンソンの名曲「暗い日曜日」。ドイツ軍が駐留する第二次大戦下のハンガリーを舞台に、この曲をめぐる3人の男女の数奇な運命を描く。監督はドキュメンタリー出身のロルフ・シューベル。運命に翻弄される主人公3人を、『カストラート』のステファノ・ディオニジ、ハンガリーの演技派女優エリカ・マロジャーン、『ラン・ローラ・ラン』のヨアヒム・クロールが好演。数多くの有名歌手に歌い継がれてきた名曲の旋律が物悲しい。

あらすじ

ラズロ(ヨアヒム・クロール)と恋人イロナ(エリカ・マロジャーン)が切り盛りするレストランに、1人のピアニスト(ステファノ・ディオニジ)が雇われた。やがて彼はイロナと互いに惹かれあうが、彼らは別れずに3人で愛を共有するようになる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
GLOOMY SUNDAY
製作国
ドイツ・ハンガリー
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
ビスタサイズ/SRD
(シャンテシネ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]