クラブ・バタフライ (2001)

9月7日公開 100分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クラブ・バタフライ
(C)Planning OMU Corp.2002,(C)Club Butterfly.2002

見どころ

1999年韓国映画振興委員会シナリオ公募コンテスト・グランプリを受賞し、マスコミから「韓国の“アイズ・ワイド・シャット”」と評された衝撃作が韓国からやってきた。“スワッピング”というセンセーショナルな題材で夫婦の倦怠を描く本作に主演するのは、パリコレで活躍するトップモデルのアニータと、1997年のミスコリア出身のキム・ヒョニ。世界各国の映画音楽を担当してきたロシア交響楽団モスフィルム・シンフォニー・オーケストラが音楽を担当し、官能の世界を色濃く表現している。韓国ではあまりに過激なシーンがカットされたが、日本ではノーカット・オリジナル版で上映される。

あらすじ

ヒョク(キム・ヨンホ)とキョン(アニータ)は、幼稚園に通う息子を持つ30代の平凡な共働き夫婦。仕事と育児に追われる二人の夫婦生活は倦怠期を迎え、セックスレスが続いていた。そんなある日、ヒョクの元に1通のメールが届く。「クラブ・バタフライへようこそ」。それは、スワッピングサイトへの案内状だった……。

[PR]

映画詳細データ

英題
CLUB BUTTERFLY
製作国
韓国
配給
  • 「クラブ・バタフライ」上映委員会
カラー/ビスタサイズ
(銀座シネパトス)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]