シネマトゥデイ

水の女 (2002)

11月6日公開 115分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
水の女
(C)2002アーティストフィルム /日活

見どころ

舞台となる小さな銭湯で、火・水・風・土になぞらえた男女が出会い、“水の女”と“火の男”が宿命的な恋に落ちる現代の神話的なラブ・ストーリー。主人公“水の女”を演じるのは、本作が待望の映画デビューとなる歌姫のUA。“火の男”に扮する浅野忠信との競演が話題を呼んでいる。監督は本作の脚本でサンダンス/NHK国際映像作家賞を受賞し、今回が監督デビューとなる杉森秀則。ヴェネチア、トロントなどの国際映画祭正式招待作品。

あらすじ

関西の小さな街で父親と銭湯を営む涼(UA)は、自他共に認める「雨女」。ある雨の日、彼女は大切な人を次々に亡くしてしまう。そんな彼女の前に、火を見ると落ち着くという謎めいた男・優作(浅野忠信)が現れた。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本・編集
撮影
照明
録音
美術
装飾
衣裳
助監督

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • アーティストフィルム
  • 日活
カラー/35mm/DTSステレオ/ビスタサイズ
(シネマライズほか全国)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]