シネマトゥデイ

グレースと公爵 (2001)

12月21日公開 2001分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
グレースと公爵

見どころ

『春のソナタ』など“四季の物語”シリーズで知られる巨匠エリック・ロメールの監督最新作。英国人でありながらも、フランス国王ルイ16世を敬愛した美貌の女性グレースと、彼女と深い絆で結ばれた革命派の公爵がたどる壮絶な運命を綴る。主人公グレースを演じるのは、クリストファー・ノーランの初監督作『フォロウィング』で注目を集めた美人女優ルーシー・ラッセル。また、静止した油絵に実写の人物をCGで重ねたという大胆な映像が目に楽しく、アイデアの素晴らしさを感じさせる。

あらすじ

革命の嵐が吹き荒れる1790年のパリ。国王ルイ16世を敬愛する英国人女性グレース(ルーシー・ラッセル)と革命派のオルレアン公爵(ジャン=クロード・ドレフュス)は、信条は違えど深い信頼で結ばれていた。だが、フランス革命の波が彼らに非情な運命をもたらす……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
L'ANGLAISE & LE DUC
製作国
フランス
配給
  • プレノンアッシュ
カラー/ヨーロピアンビスタサイズ/ドルビーSRD、DTS
(シャンテ シネ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]