ロベルト・スッコ (2001)

1月25日公開 124分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロベルト・スッコ

見どころ

80年代欧州を震撼させた実在の連続殺人犯ロベルト・スッコの半生を、前作『倦怠』で注目されたセドリック・カーン監督が映画化。ジャーナリスト、パスカル・フロマンの綿密なルポルタージュを基に、昨今の“理由なき殺人犯”1号といえるスッコの素顔に迫っていく。彼の人格、動機への安易な説明を排し、実際の足取りを丹念に追う演出が緊張感を際立たせる。全くの素人からスッコ役に抜擢されたステファノ・カセッティの、相手を射抜くような視線が強烈だ。

あらすじ

1981年、ヴェニス。ある家で2組の惨殺死体が発見された。5年後、南フランス。レア(イジドル・ド・ベスコ)はカート(ステファノ・カセッティ)と名乗る男と恋仲になる。一方、付近では窃盗や誘拐、不可解な殺人が頻発し、警察は同一犯による犯行と見ていた。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
ROBERTO SUCCO
製作国
スイス・フランス
配給
  • セテラ
  • バップ
カラー/1×2.35/ドルビーSRD
(シアター・イメージフォーラム)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]