シネマトゥデイ

すべては夜から生まれる (2002)

1月25日公開 72分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
すべては夜から生まれる

見どころ

倦怠期を迎えた2組のカップルの出会い、破局を描いた異色ラブ・ストーリー。監督は、本作が長編劇映画デビューとなる甲斐田祐輔。説明的な描写を排したストイックな表現と、研ぎ澄まされた映像感覚で男女4人の微妙な感情の機微をリアルにあぶりだした。主演は、『ニンゲン合格』『Dolls  ドールズ』など話題作への主演が相次ぐ若手実力派・西島秀俊。モデル、ミュージシャンとしても活躍し、『白痴』で異彩を放った甲田益也子が独特の存在感を醸し出している。

あらすじ

売れない俳優・山形(西島秀俊)はカフェで知り合った画家・上原(川口潤)の部屋を訪ね、彼の恋人・綾(水沢螢)に出会う。ある日山形は、上原を仕事に集中させるため外で時間を潰す綾を誘う。日常の倦怠からのわずかな逃避だったが、上原に知れ……。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • スローラーナー
カラー/35ミリ
(渋谷シネ・アミューズ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]