シネマトゥデイ

ラヴァーズ・キス (2002)

1月25日公開 114分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ラヴァーズ・キス

見どころ

人気漫画家吉田秋生の原作同名漫画を映画化。鎌倉を舞台に6人の高校生の青春のきらめきを描いた切ないラヴ・ストーリー。暗い過去を持ちながらも愛に目覚めていく繊細な少女、里伽子に『ウォーターボーイズ』の平山綾。その妹に『EUREKA(ユリイカ)』や『害虫』でその演技力を高く評価された宮崎あおい。監督は『富江』をヒットさせた及川中が原作の持つ透明感を残しながらも一味違った作品を演出している。

あらすじ

里伽子(平山綾)は幼い頃ピアノ教室の講師にいたずらされて以来、冷たい手に触れられると男性を拒絶してしまうという心の傷をかかえていた。しかし、人前では悩みを隠し通す里伽子は人一倍良い子を演じて親の愛を一人占めしている。妹の依里子(宮崎あおい)はそんな姉に嫉妬する毎日だった。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 東北新社
ビスタサイズ/DTSステレオ
(日比谷スカラ座2他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]