シネマトゥデイ

ホワイト・オランダー (2002)

2月15日公開 109分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

美しくもその強烈な個性で自分の価値観を押し付ける母親と、その狂おしいほどの愛の呪縛から逃れようともがきながら自我に目覚めていく娘の葛藤を描いた人間ドラマ。監督は『嵐が丘』のピーター・コズミンスキー。アーティストでもある母親役を演じるのは『ストーリー・オブ・ラブ』のミシェル・ファイファー。過酷な運命に弄ばれる娘役に400人の女優の中から選ばれた『13F』のアリソン・ローマンが存在感ある演技を見せる。『ブリジット・ジョーンズの日記』のレニー・ゼルウィガーも名を連ねる。母と娘という普遍的なテーマを深く考えさせられる感動作。

あらすじ

父親を知らずに育ったアストリッド(アリソン・ローマン)は絵を描くことが好きな15歳。アーティストで美しい母親イングリッド(ミシェル・ファイファー)とロサンゼルスで平穏に暮らしていた。ある日、イングリッドが恋人(ビリー・コノリー)の裏切りに逆上し、殺人事件を起す。

[PR]

映画詳細データ

英題
WHITE OLENDER
製作国
アメリカ
配給
  • ギャガ・ヒューマックス共同配給
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR、ドルビーデジタル、dts、SDDS
(みゆき座他全国東宝洋画系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]