神に選ばれし無敵の男 (2001)

5月24日公開 130分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
神に選ばれし無敵の男

見どころ

混沌や狂気の世界を描き続けてきた、異端児にして巨匠・ヴェルナー・ヘルツォークの10 年ぶり渾身の新作(ドキュメンタリーを除く)。ナチス政権下でヒトラーの千里眼として名を馳せていた実在の“預言者”ハヌッセンと、彼に雇われて夜毎ショーに駆り出されるユダヤの怪力青年。時代に翻弄され、波乱の運命をたどった2人の男を描いた真実の物語だ。ハヌッセンを演じるのはヘルツォークの大ファンだというティム・ロス。まさに彼のはまり役だ。

あらすじ

1932年のポーランド。鍛冶屋の息子でユダヤ人のジシェ(ヨウコ・アホラ)は、その怪力を自称預言者のハヌッセン(ティム・ロス)に買われ、彼の元でショーに出る。ジシェはそんな生活を悩むが、ハヌッセンもまた、華やかな喝采の裏で自分を偽っていた。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
INVINCIBLE
製作国
ドイツ・イギリス
配給
  • 東北新社
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル
(銀座テアトルシネマ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]