シネマトゥデイ

ラスムスくんの幸せをさがして (1980)

3月8日公開 105分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ラスムスくんの幸せをさがして

見どころ

「長くつ下のピッピ」「ロッタちゃん」シリーズなどで親しまれている、スウェーデンの国民的児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの「さすらいの孤児ラスムス」を映画化。里親探しに孤児院を飛び出した少年と風来坊の中年男が、自由気ままな旅を繰りひろげる。監督は、リンドグレーン作品の映画化に定評のあるオル・ヘルボム。スウェーデンの美しい風景をとらえた映像、人間味豊かな人物描写、ユーモアに溢れほのぼのとしたストーリーに心が和む。

あらすじ

腕白な男の子ラスムス(エリック・リンドグレーン)が暮らす孤児院に、1組の夫婦が養子を探しにやってきた。彼らに選ばれなかったラスムスは、自分で里親を見つけようと孤児院を脱走。途中陽気な風来坊オスカル(アラン・エンドワール)と出会い、2人は放浪の旅に出る。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
RASMUS PA LUFFEN
製作国
スウェーデン
配給
  • 東芝デジタルフロンティア
カラー/ステレオ
(シネ・リーブル池袋他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]