シネマトゥデイ

トーク・トゥー・ハー (2002)

6月28日公開 113分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
トーク・トゥー・ハー

見どころ

前作『オール・アバウト・マイ・マザー』から3年、本年度アカデミー賞監督賞、脚本賞ノミネートのほか世界中で絶賛された、ペドロ・アルモドバル監督が贈る究極の愛の物語。愛する女性が昏睡状態に陥った時、悲嘆に暮れるしか術のない男と、諦めることなく呼びかけ続ける男。彼らの運命を、世界的舞踊家ピナ・バウシュの舞台やサイレント映画を巧みに挿入し、時空を交錯させながら描く。全編を貫く現代人の孤独と、切ないまでのコミュニケーションへの渇望が胸に迫る。

あらすじ

看護士のベニグノ(ハビエル・カラマ)は、昏睡状態のアリシア(レオノール・ワトリング)を4年間親身に世話し、語りかけてきた。一方、競技中の事故で昏睡に陥った女闘牛士の恋人マルコ(ダリオ・グランディネッティ)は悲嘆にくれるばかり。互いに似た境遇の2人は、やがて厚い友情を育んでいく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
TALK TO HER
製作国
スペイン
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズ
ビスタサイズ/SRD
(テアトルタイムズスクエア他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]