鏡の女たち (2002)

4月5日公開 129分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
鏡の女たち

見どころ

“松竹ヌーベルバーグ”の旗手として数々の問題作を送り出してきた吉田喜重監督が、『嵐が丘』以来14年ぶりにメガホンをとった新作。広島で被爆した老女、失跡した娘らしき記憶喪失の女性、孫娘という3世代の女性の生きざまを通し、原爆や戦争の傷跡を描く。主役の3人を演じるのは岡田茉莉子、田中好子、一色紗英。監督の公私に渡るパートナーである岡田茉莉子は、夫の作品への30年ぶりの出演、女優生活50年を飾る本作は集大成ともいえる作品となった。

あらすじ

24年前、生まれたばかりの赤ん坊を残して失踪した娘を捜す愛(岡田茉莉子)の元に、娘らしき女性・正子(田中好子)が現れるが、記憶喪失者だった。断ち切られた絆を取り戻そうと、孫の夏来(一色紗英)を交えた3人は愛が娘を産んだ広島へと旅立つ。

[PR]

映画詳細データ

英題
WOMEN IN MIRROR
製作国
日本
配給
  • グルーヴコーポレーション
35mm/ビスタサイズ/カラー/ドルビーSR
(東京都写真美術館)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]