シネマトゥデイ

ミッシング・ガン (2001)

5月10日公開 89分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミッシング・ガン

見どころ

『鬼が来た!』でカンヌ映画祭グランプリを獲得したチアン・ウェン主演、プロデュースのスリリングな人間ドラマ。監督は本作がデビュー作となる弱冠30歳のルー・チューアン。共演に『太陽の少年』ニン・チンと『香魂女 湖に生きる』のウー・ユーチアン。優秀な警官が、なくした拳銃を探し回るシンプルなストーリーだが、ユーモアを挟みながらスリリング展開し、クライマックスまで目が離せない! スタイリッシュな映像は中国ニューシネマに相応しい一作。

あらすじ

ある朝、警官のマー(チアン・ウェン)は、目覚めると自分の拳銃がなくなっていることに気づく。手を尽くして探し回るが、手掛かりは掴めない。そしてついに、銃による殺人事件が起きてしまう。しかも被害者は、マーの昔の恋人だった……。

[PR]

映画詳細データ

英題
THE MISSING GUN
製作国
中国
カラー/ヴィスタ/SDDS・ドルビーデジタル・ドルビーSR
(シネマスクエアとうきゅう)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]