アンダー・サスピション (2000)

6月14日公開 110分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アンダー・サスピション
(c) 1999 REVELATIONS ENTERTAINMENT AND TF1 INTERNATIONAL

見どころ

『マトリックス リローデッド』のモニカ・ベルッチ、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』のジーン・ハックマン、『トータル・フィアーズ』のモーガン・フリーマンと贅沢なまでのキャストで贈るサスペンス・スリラー。監督は『ロスト・イン・スペース』のスティーヴン・ホプキンス。撮影のほとんどが警察署の内部に限られた密室劇だが、一流俳優たちの重厚な演技のぶつかり合いとスリリングな演出で、一瞬のよどみも感じさせない。

あらすじ

町の有力者ヘンリー(ジーン・ハックマン)は警察署長ビクター(モーガン・フリーマン)の取り調べを受けていた。容疑は連続少女レイプ殺人。だが事件のカギを握るのはヘンリーの妻シャンタル(モニカ・ベルッチ)だった。

[PR]

映画詳細データ

英題
UNDER SUSPICION
製作国
アメリカ
配給
  • エスピーオー
ビスタサイズ/ドルビーデジタル
(銀座シネパトス)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]