ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール (2001)

6月28日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール

見どころ

実生活でも夫婦であるシャルロット・ゲンズブールと、本作で監督デビューを果たしたイヴァン・アタル共演のロマンティック・コメディ。『いつまでも二人で』でヒロインの人妻を悩ませた色男、イヴァンが今回は全く逆の愛に苦悩する夫を演じる。『フェリックスとローラ』をはじめ、アンニュイな役の多かったシャルロットが初めてスクリーンで極上の笑顔を見せる。フランス版ウディ・アレン作ともいえる極上の作品が誕生した。

あらすじ

スポーツ記者イヴァン(イヴァン・アタル)の妻は女優のシャルロット(シャルロット・ゲンズブール)だ。彼女の共演相手がプレイボーイのジョン(テレンス・タンプ)だと知り、イヴァンは神経衰弱状態に。

[PR]

映画詳細データ

英題
MA FEMME EST UNE ACTRICE
製作国
フランス
配給
  • シネマパリジャン
  • アルシネテラン
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR/SRD/DTS
(シネ・アミューズ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]