シネマトゥデイ

クローン・オブ・エイダ (1997)

8月2日公開 85分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クローン・オブ・エイダ

見どころ

現代社会ではその技術の応用について倫理的な問題が物議をかもす「クローン」をテーマに、19世紀のイギリスと現代のアメリカという2つの時代を超えて接触する、2人の女性の物語。アメリカ人女性監督リン・ハーシュマン・リーソンは、ビデオ作品の分野で、これまで様々な賞を獲得してきたアーティスト。静止画しか残っていないヴィクトリア時代をデジタルを駆使して動画として甦らせ、美しい映像を作り上げた。現実的でありながら神秘的な、ユニークで独特な世界に引き込まれる。

あらすじ

現代のアメリカ。記憶の遺伝学的伝達を研究するエミー(フランチェスカ・ファリダニー)は、19世紀イギリスに生きるエイダ(ティルダ・スウィントン)との交信に成功。エイダに自分の姿を重ねるエミーは、エイダの最期にある提案をする。

[PR]

映画詳細データ

英題
CONCEIVING ADA
製作国
アメリカ・ドイツ
配給
  • アップリンク
カラー/35ミリ/1:1.85
(新宿武蔵野館)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]