レボリューション6 (2002)

8月30日公開 101分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レボリューション6

見どころ

ミュージック・ビデオ出身の新鋭グレゴー・シュニッツラーが監督を務めたドイツ製青春ムービー。80年代西ベルリンで帝国主義に対するアナーキーな抵抗運動を繰り広げていた男女6人が、過去の犯罪に翻弄される様をスタイリッシュかつ哀愁たっぷりに描く。キャストには『ドリヴン』のティル・シュヴァイガー、『アナトミー』のセバスチャン・ブロンベルグらドイツ映画界の若手実力派が結集。また、レディオヘッドやマニック・ストリート・プリーチャーズら、劇中を彩る人気ロックバンドのヒット曲もポイント。

あらすじ

舞台はベルリン。80年代に反政府運動を行っていたティム(ティル・シュヴァイガー)、ホッテ(マーティン・ファイフェル)ら若者6人が当時仕掛けた爆弾が、15年の歳月を経て爆発。今では別々の人生を歩んでいた彼らは、過去の活動の証拠をもみ消すべく再会する。

[PR]

映画詳細データ

英題
WAS TUN, WEEN'S BRENNT?
製作国
ドイツ・アメリカ
配給
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
カラー/スコープサイズ/SDDS、ドルビーデジタル、ドルビーSR
(シアター・イメージ・フォーラム)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]