シネマトゥデイ

IKKA:一和 (2002)

9月13日公開 75分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
IKKA:一和

見どころ

一見普通の家族に見える家族が、自らの意志に反して犯罪者という立場におちいっていくユーモア・タッチの人間ドラマ。 監督は本作が初の長編となった‘ぴあフィルムフェスティバル’で審査員特別賞と音楽賞を受賞した川合晃。 出演者は監督の希望でネイティブな関西弁を喋ることができる『ALIVE』の國村隼、『ハッシュ』の秋野暢子、『岸和田少年愚連隊』の三浦誠己、人気テレビ番組「爆竜戦隊アバレンジャー」 のヒーロー西興一朗など個性派揃い。スピーディなストーリーと会話のテンポの良さで最後までぐいぐいと引き込まれる。

あらすじ

次男の勇(西興一郎)が20歳になった祝い事を、太田家の恒例行事としてファミリー・レストランに事家族全員が集まっていた。しかし、父(國村隼)は仕事で到着が遅れている。そんな中、長男の圭介が店員の対応の悪さに文句を言い始めた。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
製作国
日本
配給
  • ぴあ株式会社PFF事務局
35ミリ/ビスタサイズ
(新宿武蔵野館)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]