シネマトゥデイ

夕映えの道 (2001)

9月20日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
夕映えの道

見どころ

イギリスを代表する女性作家ドリス・レッシングの原作を映画化。舞台をパリに移し、年齢の違う2人の女性が、互いを通して人生を見つめる人間ドラマ。ふとしたきっかけで知り合った中年女性と、頑固で孤独な老婦人の不思議な交流が、素朴で懐かしい風情が残るパリの街をバックに描かれる。監督のルネ・フェレは、老いた母を十数年前に亡くした悲しみを本作に込めた。老婦人を演じるドミニク・マルカスは現在82歳で多くのキャリアを持つベテラン女優。

あらすじ

会社を経営する独身女性イザベル(マリオン・エルド)は、ドラッグストアで出会った老女マド(ドミニク・マルカス)を家まで送る。その日から2人は友人になり、絆を深めていくが、イザベルはマドが重い病に冒されていることを知る。

[PR]

映画詳細データ

英題
RUE DU RETRAIT
製作国
フランス
配給
  • 角川大映映画
カラー/ビスタサイズ/モノラル
(岩波ホール)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]