シネマトゥデイ

アマロ神父の罪 (2002)

10月11日公開 118分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アマロ神父の罪

見どころ

チェック: 教会の規律に背き、求め合う若き神父と少女の許されぬ愛を描き、センセーションを巻き起こした衝撃作。ラテン系美男子『アモーレス・ペロス』のガエル・ガルシア・ベルナルが演じる、禁欲的な僧衣の下に隠した生身の男の顔に苦悩する神父役はエロティックだ。各地で上映禁止運動が起きるものの、本年度メキシコ・アカデミー賞では主要9部門を独占し、アカデミー外国語映画賞などにもノミネートされ高い評価を受けた。

あらすじ

メキシコ、アルダマの小さな街に新人神父アマロ(ガエル・ガルシア・ベルナル)は赴任する。彼はその教区の熱心な信者、16歳のアメリア(アナ・クラウディア・タランコン)と出会い、互いに惹かれ合う。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
EL CRIMEN DEL PADRE AMARO
製作国
メキシコ
配給
  • ソニー・ピクチャーズワールドシネマ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル
(銀座テアトルシネマ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]