サロメ (2002)

11月8日公開 86分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サロメ

見どころ

フラメンコダンサー、アイーダ・ゴメス主演の舞台『サロメ』のリハーサルをするドキュメンタリー仕立ての映像から始まり、やがて舞台そのものを捉えた映像に切り替わる異色舞踏映画。『タンゴ』などで知られるスペインの名匠カルロス・サウラがメガホンを取り、国王に踊りを披露する代わりに、愛する男性の首を所望する美女サロメの物語を独特のアプローチで綴る。天才ダンサー、ゴメスの華麗な舞いと、フラメンコとバレエを融合した舞台世界が見どころ。

あらすじ

舞台『サロメ』のリハーサルに余念がない舞踏家アイーダ・ゴメス(アイーダ・ゴメス)。一方、その舞台を演出する監督(ペレ・アルキリュエ)は、舞台の模様を撮影して映画にしようと企画し、スタッフらと話し合いを始める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
SALOME
製作国
スペイン
配給
  • 日本ヘラルド映画
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD
(Bunkamura ル・シネマ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]