25時 (2003)

1月24日公開 136分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
25時

見どころ

2001年に発表され、滅多に出会えない傑作として全米の話題をさらったデイヴィッド・ベニオフの長編小説を、鬼才スパイク・リーが映画化。『スパイダーマン』のトビー・マグワイアが初めてプロデューサーを務めている。主演にエドワード・ノートン、脇を固めるのはフィリップ・シーモア・ホフマンやアンナ・パキンといった実力派揃い。ニューヨークを舞台に、明日収監される男の"最後の24時間"を、自己嫌悪と悲哀たっぷりに、男の友情も絡めて描く感動作。

あらすじ

ドラッグ・ディーラーのモンティ(エドワード・ノートン)は、自宅のソファから、大量のヘロインを押収され明日収監される。最後の自由な24時間で、やらなければならないことは、2人の親友への頼み。マフィアとの決別。そして、自分を密告したのは恋人なのかどうかも……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
25TH HOUR
製作国
アメリカ
配給
  • アスミック・エース エンタテインメント
カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル
(恵比寿ガーデンシネマ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]