シネマトゥデイ

ハッピーエンド (1999)

1月31日公開 99分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハッピーエンド

見どころ

甘いマスクの『MUSA武士』のチュ・ジンモと、『接続』で韓国トップ女優の座に躍り出た、チョン・ドヨンによる異色ラブ・スリラー。『パイラン』のベテラン俳優、チェ・ミンシクがくたびれたオヤジ役でいい味を出している。緊張感をはらんだこの3人の関係がラストで思わぬ顛末を迎えることに。観客に“韓国映画で一番印象的なセックスシーン”と言わしめた、吹替えなしのヌードシーンに挑んだチョン・ドヨンに喝采!

あらすじ

失業中のソ・ミンギ(チェ・ミンシク)は、キャリアウーマンの妻(チョン・ドヨン)の代わりに家事と育児に励む。だが彼女は結婚後に再会した大学時代の恋人、イルボム(チュ・ジンモ)と不倫を続けていた。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
HAPPY END
製作国
韓国
配給
  • ギャガ アジア グループ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR
(新宿武蔵野館)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]