シネマトゥデイ

いつかA列車に乗って (2003)

12月20日公開 103分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いつかA列車に乗って

見どころ

内田吐夢監督の『たそがれ酒場』をリメイク。昭和の面影を残すジャズBAR“A-TRAIN”に集まる人々の人生模様をジャズにのせて浮かび上がらせる。監督は、テレサ・テン、堀内孝雄などを手掛ける作詞家、荒木とよひさ。本作が初監督である。出演陣は津川雅彦、小林桂樹らベテラン俳優が競演。『キル・ビル』でハリウッドデビューを果たした栗山千明がひたむきな少女を演じている。また、音楽監修を担当した歌謡界の重鎮、三木たかしがピアニストとして出演。サックス奏者役の加藤大治郎らによるジャム・セッションは見どころのひとつだ。

あらすじ

週末。ジャズBAR“A-TRAIN”が開店。梅田(津川雅彦)はいつもの席に座りグラスを傾ける。そのうち、ジャズ・クラブの演奏に魅了された客が、ひとり、またひとりと訪れる。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • シネマ・クロッキオ
カラー
(新宿トーア他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]