モロ・ノ・ブラジル (2002)

12月20日公開 105分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
モロ・ノ・ブラジル

見どころ

『GO!GO!L.A.』などで知られるフィンランドのミカ・カウリスマキ監督が、ブラジル音楽のルーツを辿る音楽ドキュメンタリー。各地方で出会った貧しくとも生きる喜びを忘れない人々、サンバやボサノヴァにとどまらない多種多様な音楽を紹介する。登場する31組のアーティストの殆どは無名だが、『シティ・オブ・ゴッド』のセウ・ジョルジが本業の歌手として歌声を披露。様々な人種、文化の融合の歴史と重なる、ブラジル伝統音楽の成り立ちが興味深い。

あらすじ

30年前1枚のブラジル音楽のレコードを手に入れ、その音楽に魅せられたミカ・カウリスマキ。映画祭で現地を訪れ、さらにブラジルへの想いを募らせた彼は遂に故郷フィンランドを飛び出し、ブラジル音楽のルーツを辿る4000キロの旅に出た。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
MORO NO BRASIL
製作国
ドイツ=フィンランド=ブラジル
配給
  • アルシネテラン
1:1.85ヴィスタ/ドルビーデジタルSRD
(渋谷シネマ・ソサエティ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]