イブラヒムおじさんとコーランの花たち (2003)

2004年11月20日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イブラヒムおじさんとコーランの花たち

見どころ

一時引退していた『アラビアのロレンス』の名優、オマー・シャリフのスクリーン復帰作。孤独な少年と、心優しき老人の交流がほのぼのと描かれる。共演は本作がデビューとなるピエール・ブーランジェ。ベテラン俳優相手に堂々と思春期の少年の心の揺れを熱演してみせた。パリからスイス、アルバニア、ギリシャを回り、トルコへと向かう旅の途中で、人種も世代の壁も超えた信頼関係を築いていく2人の姿が共感を呼ぶ感動作。

あらすじ

1960年代のパリ。13歳のユダヤ人の少年モモ(ピエール・ブーランジェ)の父(ジルベール・メルキ)が突然家出する。一人ぼっちの彼を助けたのは、トルコ移民のイブラヒム(オマー・シャリフ)だった。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
MONSIEUR IBRAHIM ET LES FLEURS DU CORAN
製作国
フランス
配給
  • ギャガ・コミュニケーションズGシネマグループ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル/ドルビーSR
(恵比寿ガーデンシネマ 他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]