シネマトゥデイ

ネコのミヌース (2001)

2004年3月27日公開 89分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ネコのミヌース

見どころ

オランダで最も愛される作家といわれる児童文学者シュミットの同名小説を映画化。本国で空前の大ヒットを飛ばし、今も世界のどこかで上映されている大ロングラン作品だ。ある日突然、人間の女性に変身してしまった猫のミヌースが、引っ込み思案の新聞記者ティベのために、情報通であることを駆使して特ダネをゲットするキュートな活躍劇。ミヌース役のカリス・ファン・ハウテンの見事なキャットウーマンぶりは数多くの賞を受賞した。

あらすじ

新聞記者ティベ(テオ・マーセン)が出会ったミヌース(カリス・ファン・ハウテン)は、木に登ったり、ゴミ箱を漁ったり、魚屋が好きだったり、ちょっと変な女の子。情報通の彼女を秘書にしたティベは絶好調。ある事件が起きるまでは……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
MINOES
製作国
オランダ
配給
  • 「ネコのミヌース」上映委員会、IMAGICAエンタテインメント、
ドルビーデジタル(マーク)
(ポレポレ東中野)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]