シネマトゥデイ

レディ・ジョーカー (2004)

2004年12月11日公開 121分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レディ・ジョーカー
(C)2004年「レディ・ジョーカー」製作委員会

見どころ

高村薫の“グリコ・森永事件”にヒントを得て書かれた同名小説の映画化。監督には『OUT』の平山秀幸。重い過去を背負った誘拐犯を渡哲也が演じる。脇を固める俳優陣も國村隼や大杉漣、長塚京三など渋みのある個性派ぞろい。TVドラマ「弟」で注目を集めた徳重聡も正義感にあふれる刑事役で好演。映像化不可能とまで言われた複雑な物語をまとめあげた平山監督の手腕は見事。

あらすじ

昭和22年、雪国のある村で物井清二(谷津勲)は日之出麦酒を不当に解雇され、納得がいかないまま会社に非難の手紙を書きつづった。それから月日は流れ、物井清二の弟、物井清三(渡哲也)は小さな薬屋を営みひっそりと暮らしていたが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 東映
(全国東映邦画系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]