シネマトゥデイ

氷の国のノイ (2003)

2004年6月12日公開 93分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
氷の国のノイ

見どころ

ラース・フォン・トリアー監督も卒業した、デンマーク国立映画学校出身のアイスランドの新鋭、ダーグル・カウリ監督による青春物語。氷に閉ざされた北国で、孤独に生きる青年の心の葛藤をユーモアを交えて切り取った監督の手腕は、長編第一作目とは思えないほど鮮やかだ。主演俳優が監督の高校時代の同級生だったり、祖母役を近所の郵便配達婦が演じたりと、その配役も独創的。火山と氷河の国の絵画のような風景も必見。

あらすじ

アイスランドの小さな村で暮らす、17歳の天才青年ノイ(トーマス・レマルキス)は学校をサボってばかりいる。彼はある日ドライブイン・スタンドで働くイーリス(エリン・ハンスドッティル)に恋をする。

[PR]

映画詳細データ

英題
NOI ALBINOI
製作国
アイスランド・ドイツ・イギリス・デンマーク
配給
  • イメージフォーラム
カラー
(シアター・イメージフォーラム)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]