ジャスティス 闇の迷宮 (2003)

2004年8月28日公開 107分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジャスティス 闇の迷宮

見どころ

1970年代、軍事政権下のアルゼンチンで3万人もの市民が消えたという衝撃の事実を、『危険な関係』でアカデミー賞脚色賞を受賞したクリストファー・ハンプトン監督が映画化。自身もスペインで独裁政権を体験したアントニオ・バンデラスが、愛する者を奪われ、静かに怒りをたぎらせる男を熱演する。共演は『ラブ・アクチュアリー』のエマ・トンプソン。この2人の抑えた演技がリアルで、観客を事件の核心に引き込んでいく。

あらすじ

1976年、カルロス(アントニオ・バンデラス)はブエノスアイレスで、ジャーナリストの妻セシリア(エマ・トンプソン)と娘と幸福に暮らしていた。だがある日市民の失踪事件を記事にした妻が失踪し……。

[PR]

映画詳細データ

英題
IMAGING ARGENTINA
製作国
アメリカ・アルゼンチン・スペイン・イギリス
配給
  • ファインフィルムズ
カラー/ビスタサイズ/ドルビーデジタル
(シネマ・メディアージュ 他)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]