日野日出志のザ・ホラー 怪奇劇場 ~第一夜

2004年10月2日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日野日出志のザ・ホラー 怪奇劇場 ~第一夜

見どころ

映像化不可能といわれていたカルトホラー漫画家・日野日出志の世界に6人の監督が挑む。第1弾は『リング』の脚本・安里麻里監督の『地獄小僧』、『仄暗い水の底から』の脚本・中村義洋監督による『わたしの赤ちゃん』、そしてほんとにあった!呪いのビデオシリーズ監督の白石晃士による『怪奇!死人少女』の3本。地獄から子どもを甦らせる女医、トカゲの子どもを産む妊婦、腐っていく少女など、強烈なキャラクターが続々、登場する。

あらすじ

愛する一人息子を亡くした女医(山本未来)。彼女は通り掛かりの老婆の(正司花江)の言われた通りに、患者の一人を生け贄にし、息子を甦らせる。が、現れたのは人間とは言いがたい無残な姿の化け物だった~『地獄小僧』

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • パル企画
(テアトル池袋)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]