シネマトゥデイ

赤いアモーレ (2004)

2005年1月8日公開 121分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
赤いアモーレ

見どころ

欧州でベストセラーとなった小説を『明日を夢見て』のイタリアの名優、セルジオ・カステリットが映画化。彼自身が監督と主演を担当し、究極の愛の形に迫る。共演はスペインの至宝、ペネロペ・クルス。イタリア語を完璧にマスターし、身も心も底辺で生きる労働者階級の女性になりきってみせた。本作は2003年度イタリア・アカデミー賞11部門ノミネート、最優秀主演男優賞と最優秀女優賞をW受賞するという快挙を果たす。

あらすじ

才色兼備の妻(クラウディア・ジェリーニ)と暮らす医師のティモーテオ(セルジオ・カステリット)は、イタリア(ペネロペ・クルス)と行きずりの関係を結ぶ。2人は徐々に離れられない関係に陥って行き……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
DON’T MOVE
製作国
イタリア
カラー/シネマスコープサイズ/ドルビーデジタル/ドルビーSR
(ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]